読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マダマダ頑張るSE

商品紹介とIT関連とシニア関連 

5月5日が「こどもの日」になったわけ

 

5月5日は、男の子が健康(けんこう)で元気に育つことをおいのりする日で、「端午の節句(たんごのせっく)」とも言われるよ。
中国ではじまった菖蒲湯(しょうぶゆ)や菖蒲酒を飲んで厄払い(やくばらい)した風習が、奈良(なら)平安時代の貴族(きぞく)に広まり、武家(ぶけ)さらには庶民(しょみん)にも広まったと言われているよ。

端午の「端(はし)」は「さいしょ」、「午(うま)」は「うま=馬」という意味を持ち、「五月のさいしょの午の日」が端午の節句だったけど、そのうち「午」と「五」のゴロ合わせから、5月5日がこどもの日になったよ。

そのあと昭和(しょうわ)23年に、政府(せいふ)が5月5日を重要(じゅうよう)な日として祝日(しゅくじつ)にし、男女を区別(くべつ)せずにおいわいする日になりました。

 

kids.nifty.com