マダマダ頑張るSE

商品紹介とIT関連とシニア関連 

あなたの家のWi―Fi速いですか?

 

その前に、

Wi-Fiのことをインターネット回線だと思っている人も多いようです。 当たり前のように使っている言葉ですが、実は“Wi-Fi=インターネット”ではありません。 そこでWi-Fiがどのようなものなのか、光回線との違いを交えつつ解説します。 ◆Wi-Fiとは何? インターネット(光回線)との違いとは? Wi-Fiとは、世界中で最も普及している無線で通信する方式で、スマホなどのネット対応機器をワイヤレス(無線)でLANに接続します。 無線LANの認定規格の一つですが、最近では無線LANそのものを示す用語としても使用。“Wi-Fi無線LAN”とイメージしても、普段の会話では特に問題はありません。 また最近ではモバイル用のルーターや、街中のWi-Fiスポットなどの呼び名として「Wi-Fi」が使われるケースも。こうしたことから、Wi-Fi自体をインターネット回線と捉える人が増えているのでは、と考えられます。 Wi-Fiの役割は、プロバイダーなどのインターネット接続事業者から送信されてきたネット通信を、スマホなどがインターネット回線として無線で受信できるような電波に変換すること。 ノートPCやスマホなどをWi-Fi経由でインターネット接続している人もいると思いますが、このときに“経由”という言葉を使うように、Wi-Fi単独ではインターネットを利用できません。 Wi-Fiでネットを使うには、あくまでもインターネット通信の“元となる回線”が必要なのです。 この元となる回線を「ブロードバンド」と呼び、その一つが光ファイバーを使った光回線。 プロバイダー(インターネット回線業者)→住宅の光回線設備→部屋内のONUルーター→パソコンなどの端末といった順につなげることで、インターネットを利用できます。 使用するルーター無線LAN対応のモデルであれば、「Wi-Fiを使ってインターネットを使っている」ことになります。

両者の違いをまとめておくと、

光回線:インターネット接続に必要な光ファイバーを使った回線のこと

Wi-Fi:インターネット回線を無線機器経由で端末に飛ばす電波のこと となります。 

異常を踏まえて 

部屋の隅っこや個室、2階の部屋などでWi-Fiがつながらなくイライラ、そんな方にはメッシュWi-Fiであなたの家のWiFiをつながりやすく、速くしましょう。

 メッシュWi-Fiとは何者なのか?

メッシュネットワークとは、当該機能対応の複数台のWi-Fiルーターを設置し、それらを1つのWi-Fiアクセスポイントにできる機能です。

これにより、非対応のWi-Fiルーターよりも、より広範囲にアクセスポイントを設置することが可能。今までのでは厳しかった、鉄筋コンクリート造の住宅や3階建て住宅での“同一アクセスポイント”を簡単に実現できます。

 

 


お爺さんとしては、適宜新しいIT関連ニュースなどでべ勉強

 

 

【楽天1位】話題の“メッシュWi-Fi”TP-Link WiFi 無線LAN ルーター トレン... 【楽天1位】話題の“メッシュWi-Fi”TP-Link WiFi 無線LAN ルーター トレン...
18,000円